二次会の景品選びで幹事のセンスが問われる

二次会の景品選びで幹事のセンスが問われる

二次会のゲームのセンスの良い景品選びはどうしたら良いでしょうか?

二次会の目玉であるゲーム

二次会の定番といえばゲームですよね。

その二次会の目玉であるゲームは参加したゲストのほとんどが楽しみにしていることだと思います。

また、そのゲームの景品が豪華だと参加者も盛り上がること間違いなしですし、二次会が盛り上がれば、例えば結婚式の二次会だった場合幹事を指名した新郎新婦も鼻高々、というわけです。

そのためには幹事はゲームの景品を魅力あるものを準備しなければなりません。

一般的な二次会の景品にありがちなものだった場合、参加者も「こんなものか」むしろ「別に当たらなくても良かった」程度に思われてしまっては本も子もありません。

だからこそ、幹事は魅力ある景品を準備するといいでしょう。

景品の予算を確保する

幹事のやるべきことのひとつに、参加者の会費の設定と予算の管理があります。

会費は高すぎると参加者の反感を買いますし、低すぎると景品に充てる予算が少なくなります。

大まかな参加者の人数を想定し、男女比を出して景品の予算を設定しましょう。

その予算の中で、景品を決めていきたいものです。

二次会幹事のセンスが問われる

予算の中から1等・2等・3等程度は目玉である高額商品が盛り上がります。

内容としてはテーマパークのペアチケット、金券、高級カタログギフトなどが良いでしょう。

また、最近は体験型カタログギフトもあり、ランチクルーズやヘリコプタークルーズのようなセンスの良いものもあります。

また、その他の景品としては「喜ばれるもの」「自分では買わない物」「実用的なもの」がいいですね。

たとえば携帯歯ブラシ、センスの良い高級アウトドアメーカーの水筒なども実用性があります。

また、人気の北欧食器のペアセットなどは女性ウケもいいでしょう。

今、流行っているモノ、女性目線で人気がある物もチェックしておきましょう。

盛り上がりも考えてみよう

予算が少ない場合、ある程度の目玉を用意して、その他は盛り上がるきっかけを景品にしてしまうのも手です。

たとえば「新郎から○○してもらえる券」など新郎新婦の趣味や生活に合わせた景品も楽しいです。

ただし、下ネタ系の景品は今の時代流行りませんし、ひんしゅくを買うだけなのでオススメできません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする