結婚式の二次会で使用されるムービーについて

結婚式の二次会で使用されるムービーについて

二次会で流れるムービーの中には誕生から結婚式当日までの半生を振り返るプロフィールムービーがありますがプロフィールムービーと一口に言っても形式は様々です。

中には業者に頼んで手の込んだプロフィールムービーを作って上映するカップルもいます。

手の込んだプロフィールムービーが何があるのかを一部ですが紹介していきましょう。

アルバム形式

プロフィールムービーは写真を使って今日までの自分を紹介していく物で言うなればアルバムと似たような物です。

ならばアルバムと同じ形式にして作成し写真と一緒に文章も載せて如何にもアルバムの雰囲気を出して振り返ります。

この作りは来客への説明以外にも新郎新婦の両親や親族に「そう言えばこんな事もあったね…」と昔を思い出して懐かしむのにも一役買い会話を弾ませるきっかけも充分作れます。

未来からの回想

何事もなければ新郎新婦は死ぬまではお爺さんお婆さんになっても一緒の生活をし何度か結婚記念日を迎える事になります。

その経験を逆手に取り結婚式の事を懐かしむと言う形でそれぞれの誕生から出会い、そして結婚式前日までを振り返る形式でプロフィールムービーの作成をして上映している人もいます。

お爺さんお婆さんは出来れば血の繋がっている親族の人から連れてくるのが理想的で用意するのは難しいですが用意できれば違和感なく演出する事が出来ます。

血がつながっているのですから少なからず面影はあるでしょう。

歩きながらの回想

シンプルイズベストを地で行くような作りですが変に奇をてらうよりは伝わりやすいプロフィールムービーです。

新郎と神父がそれぞれ違う公園や有名スポットをただプロフィールムービー用に長く歩きつつ写真を合間合間に流していき最後は結婚式場前で二人が合流と言う形で「いろんな事あったよな…」と醸し出させます。

作りやすい事もありプロフィールムービーとしては陰ながら人気です。

今回は3点程の紹介でしたがプロフィールムービーには形式というのが無いのでシンプルに作るも良し面白可笑しく作るのも良しと作り手の腕が見られます。

後はちゃんと自分達の半生を描いたプロフィールムービーだと言う事さえ忘れなければ好きな様に作ってみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする